オスグッド、有痛性外脛骨、シーバー病(踵骨骨端症)、足首捻挫、シンスプリント等の早期回復で全国トップレベルの施術所です。

アレルギー性紫斑病

  • HOME »
  • アレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病は血管の透過性が増して、本来血管外に出ない赤血球が血管外に漏れてしまう病気です。

血管の透過性をコントロールしているのは神経で、この神経の根幹は首を必ず通ります。

首、頭部の状態が悪いと神経の伝達がうまくいかなくなり、血管の透過性が増して、本来血管外に出ない赤血球が血管外に漏れやすくなってしまうと考えています。

自然形体療法は首、頭部を中心とした神経骨格を正し、椎間板を回復させ、神経の伝達を正常に戻すことで、アレルギー性紫斑病の早期回復のに成果をあげております。

注)当院の施術を行うことで病院の通院を妨げるものではありません。定期的な検査、診察は行って頂きつつ、病院の治療だけでなかかな回復しない程度のアレルギー性紫斑病の回復の手助けをするものです。

画像をクリックしますと、症例動画が再生されます。

予約制ですのでご連絡下さい。 TEL 048-764-3457 施術時間 9:30 - 21:00(平日)
     9:30 - 17:30(土日祝日)
    

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
Copyright © あや整骨医学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.